複数の画像に透かしを追加する方法

問題


友達と最新の冒険を共有するために写真をオンラインでアップロードすると、数日後には別の人が署名した別のウェブサイトでそれを見つけることになるでしょう。悲しいことですが、最近の画像は許可なしで頻繁に使用され、共有される可能性が高くなっています。ウェブから写真を取得するために必要なことは、右クリックして保存するだけです。
透かしは画像を保護する最も手早くて簡単な方法です
あなたの画像を保護する最も手早くて簡単な方法は、電子透かしを入れることです。それは、プロの写真家の特権ではありません。歴史的に、透かしは、製造中に紙の上に作られたかすかなデザインで、光を当てた時に見え、典型的には製造者を識別するために使用されていました。今日の電子透かしは、写真や動画の上に置かれたテキストまたは画像で、所有者を識別します。

問題を解決する二つの方法


それを行うにはさまざまな方法があります。この記事では、画像をバルク透かし処理、つまりバッチ画像処理に使用することができる 2つの方法について説明します。これらはクロスプラットフォームのソリューションであり、Windows と Mac の両方のユーザーがそれらを利用することができます。

複数の画像に透かしを入れる簡単な方法

PhotoBulk

必須要件: OS X 10.7+, 12.62MB 空き容量, バージョン 2.2.270 (14th Sep, 2019)
PhotoBulk のメインインターフェースと機能
多数の画像を処理したり、ブログや、ソーシャルネットワーキングウェブサイトでページを運営する場合は、バッチ画像エディタの PhotoBulk を試してみてください。

この必要最小限のアプリケーションには、バッチ画像処理に必要なすべての機能が含まれています。最小限の労力で、数百または数千の画像に透かしを追加することができます。

一度、PhotoBulk をコンピュータにダウンロード、インストールするとあとは以下の手順に従うだけです:

1 編集する画像を選択して、ドラッグ&ドロップで PhotoBulk ウィンドウに配置します。ファイルの数がウィンドウに表示されます。
2 左側の PhotoBulk ウィンドウの下部に、透かしボタンがあり、それをクリックします。テキスト、画像、スクリプト、または日付スタンプの透かしのいずれかを選択し、さらにそれをカスタマイズできます。それぞれに独自の設定があります。
3 プレビューボタンをクリックすると、すぐに行った変更を見ることができます。プレビューウィンドウの上部にある小さなロックアイコンをクリックして、すべての画像につりあうように透かしのサイズを変更できます。
4 設定が完了したら、開始ボタンを押します。保存する画像の保存先フォルダとそのフォーマットを選択できるウィンドウが表示されます。保存ボタンを押します。

フレキシブルな設定


透かしの設定では、位置を選択でき、必要な角度と透明度を設定できます。 また、画像のサイズにあうように、透かしの正確なサイズとスケーラビリティを設定することもできます。大量の画像を処理するには時間がかかることがあります。 元の画像はそのままで変更されません。

また、PhotoBulk には他にもバッチ処理を実行することができます – リサイズ最適化名前を変更するそれから、画像を他の形式に変換

Photoshop を使って写真の透かしをバッチ処理

Photoshop

ライセンス: $240/年
一連の画像に透かしを追加するもうひとつの方法は、Adobe Photoshop を使うことです。 特別なアプリケーションと比較すると、ここでのバッチ画像処理には、より多くの時間と労力が必要となるかもしれません。

一方、Photoshop ツールをどれだけよく知っているかに応じて、さまざまな方法を使用してその作業を行うことができます。 以下では、Photoshopで写真に透かしを入れる方法を説明します。

Photoshop で透かしを作成する方法


透かしを付ける画像と透かしファイルを開きます。画像とは別の透かしファイルがない場合は、それを作成する必要があります。テキスト透かしは、画像に変換する必要があります。

透かしをクリックし、Ctrl + A を押して画像全体を選択し、Ctrl + C を押してクリップボードにコピーします。それから、透かしを入れる画像を表示して、Ctrl + V を押して透かし画像をその画像に貼り付けます。透かしのサイズと位置を調整する必要があるかも知れません。変更を保存する前に、元のファイルのコピーを忘れずに作成してください。

Photoshop で透かしをバッチ処理


一度に複数の画像に透かしを入れる方法は次のとおりです。

  1. 透かしを入れる画像を開きます。何か変更を行う前に画像を開いておかなくてはなりません。そうしないと、アプリはこの画像を開いたままにして何度も繰り返し透かしを入れます。
  2. Photoshop のメニューで、ウインドウ > アクションを選択します
  3. Actions パレットの下にある小さなフォルダアイコンをクリックして新しいフォルダを作成します
  4. それから、新規アクション作成ボタンを押します – たった今使ったばかりの新規フォルダアイコンの右にあります。
  5. 新規アクションに名前をつけて、必要なら、機能を呼び出すキーを割り当てます
  6. デフォルトではレコードボタンが押されていますが、もしレコードボタンが押されていない場合は、今すぐ押してレコードを開始してください。ボタンは、新規フォルダアイコンの左側に表示されます。
  7. これでアクションが記録されているので、ファイル >> 場所を選択して下さい
  8. ダイアログボックスが表示されますので、以前に作成した透かしファイルを表示して下さい。
  9. 場所ボタンをクリックします
  10. デフォルトで透かしはちょうど中央に配置されます。必要に応じて場所を変更して、エンターを押して下さい。
  11. ファイル>>名前を付けて保存を選択します。保存する透かし画像の保存先フォルダを選択し、保存を押します。ファイル名は変更しないでください。そうしないと、バッチを実行するときに、アプリはすべての画像に同じ名前を与え、それらは互いに置き換えられてしまいます。
  12. たった今透かしを入れた画像を閉じます。
  13. メッセージが表示されても画像を保存しないで下さい。
  14. アクションパレットのレコードを停止を押して下さい。
  15. これでアクションが記録されました。
  16. 一連の画像全体を処理するには、ファイル >> 自動処理 >> バッチを選択して下さい
  17. 画像があるフォルダを選択して下さい
  18. 透かし入りの画像を保存するフォルダを選択して下さい
  19. OK を押して下さい。選択したフォルダにある画像すべてに Photoshop が透かしを入れていきます。


この方法にはある欠点があります:

まず第一に、アプリウインドウに画像をドラッグ&ドロップするだけで処理を行うことができません。最初にフォルダへ画像を配置しておかなくてはなりません。
次に、透かしが画像の大きさに合ったサイズにリサイズされません
さらに、この処理はリソースをかなり消費しますので、処理が進行している間はほとんどの場合、コンピュータを使用できなくなります。

そこで、私たちは以下をお勧めします:

PhotoBulk

この Mac 向けバッチ画像エディタは、macOS 10.7 およびそれ以降に完全に対応しています。 必要条件 12.62MB 空き容量, 最新バージョン 2.2.270. 発売 14th Sep, 2019.

5 ランク 以下に基づく 485+ ユーザー , レビュー (32)