Commander One – Path Finder に取ってかわるもの


H職場で多種多様なファイルやフォルダを扱う場合、アシスタントとして優れた OS X ファイルマネージャを持つことは、必要不可欠なことです。幸いなことに、今日では、Mac用の優れたファイルマネージャは、数多くあります。しかし、それらはすべて機能が異なり。価格も異なり、Mac に最適なファイルマネージャを見つけるために、かなり長い時間をかけて、あれこれ試すことになります。何をさて置いても、ファイルマネージャを選択する前に、あなたがファイルマネージャに必要とするもの、サポートする接続の種類など、イメージをはっきりとさせてから、探し始める必要があります。

ご存知かと思いますが、ツインパネルのファイルマネージャは、ひとつのパネルのものよりも面倒な作業に適しているため、上級ユーザーのニーズを満たすことができます。

Path Finder をもっとよく見てみましょう

Path Finder は、 Cocoatech が開発したデュアルペインファイルマネージャです。このアプリは、20個のパラメータによる並べ替え、フォルダの比較と同期、隠しファイルの表示、特定のファイル属性に基づくファイルのグループ設定、さまざまな方法でほとんどのツールにアクセスするためのホットキーの割り当てなど、便利な機能を幅広く提供しています 。

Path Finder に取ってかわる

そして、Cocoatech Path Finder に取ってかわるもの – Commander One

Path Finder と同様に、Commander One もデュアルペインファイルマネージャーであり、最も効果的かつシームレスな方法で、ファイルをすべて管理できます。あなたが初心者であれ、上級ユーザーであれ、Commander One はあなたのお気に入りとなるでしょう。必要な数のタブを開き、3つの表示モードからひとつを選択し、コンテンツを展開せずにアーカイブ全体を検索し、さらには正規表現を使用したり、移動中あるいはコピー中でも、フォルダを削除、作成、コピー、移動、名前の変更したり、ワンクリックで、隠しファイルをすべて表示または非表示にできます。

Commander Oneは、FTP、SFTP、FTPS、FTPES、Dropbox、Googleドライブ、Amazon S3、WebDAVプロトコル、Microsoft OneDrive、MTP、iOS を含む幅広い接続をサポートするため、Mac ユーザーがとても便利に思うファイルマネージャです。また、FXP コピーと SCP が次のリリースで計画されています。残念ながら、Path Finder は今のところ Dropbox 接続しかサポートしていません。

Mac ファイルマネージャー

パーソナライゼーションの問題は、Commander Oneにとって大きな関心事です。カラーテーマを選択できるだけでなく、自分の操作にショートカットを割り当てることもできる問題だからです。

アーカイブフォーマットについて言えば、Path Finder はCommander One に席を譲ります。Path Finder は Zip アーカイブしかフルサポートしていませんが、最新版の Commander One はZIP、7Zip、TAR アーカイブの読み取りおよび書き込みモードを、RAR は読み取りモードのみをサポートしています。

それでも、両方のアプリはともに、プロセスビューワーと独自のターミナルエミュレータを備えています。最新版は時間を節約し、アプリを離れる必要がないため、とても便利であると言えるでしょう。

Commander One は、アプリの高度な機能を利用したい場合に、追加価格で購入する必要がある Pro 機能を持っている無料のファイルマネージャです。一方、Path Finder は 30 日の試用期間があり、続けて利用したいならそれを購入する必要があります。

上記のすべての情報を検討すれば、Commander One がより拡張された機能を提供しているため、OS X Path Finder に取って変わる最高のソリューションのひとつになることがおわかりでしょう。ご自分でもお試し下さい。そうすれば、ファイル管理がいかに簡単になるかを楽しめることでしょう。

/ / / Commander One – Path Finder に取ってかわるもの

Commander One

条件: MacOS 10.10+ , 37.59MB 空き容量
バージョン 2.2(3085) (6th Aug, 2019) 発売のお知らせ
カテゴリー: Utilities